YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
渋谷区長候補者・宅八郎を応援する、黒川紀章とハルヒ夜咲蘭さん
[ コメント ]
ハルヒが選挙に立候補している動画です?
探偵ファイル様の記者夜咲蘭さんでした!可愛いデスw

 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)
 ≫面白フラッシュを探す(おもフラ)
 ≫面白画像・動画を探す(blog村)
 ≫面白動画を探す(FC2Blog)
[ 関連情報 ] 宅八郎さんを応援しに行ってきました。/夜咲蘭/探偵ファイル
[ Wiki ]
コスプレはコスチューム・プレイを語源とする和製英語で、仮装の意。狭義では、アニメなどの登場人物のキャラクターに扮する行為を指す。
[ YouTubeの動画・情報 ]


渋谷区長候補者・宅八郎を応援する、黒川紀章とハルヒ

| 人気Blog | おもフラ | blog村 | FC2Blog | kutsulog | airw.net |




【 関 連 情 報 】

日本におけるコスプレは、1978年に神奈川県芦ノ湖で開催された第17回日本SF大会の仮装パーティーに於いて、SF評論家の小谷真理が、エドガー・ライス・バローズの『火星の秘密兵器』(創元SF文庫)の表紙イラストを真似た格好で参加したのが始まりと言われている。しかし、他の参加者がその姿を見て海のトリトンの仮装だと勘違いし、本人も強く否定しなかったことから、いつの間にか海のトリトンが日本のコスプレ第1号と言われるようになったらしい。これはアメリカのSF大会等のイベントに於いて参加者の一部が『スタートレック』等のSF作品に登場する人物の仮装(masquerade)をして来場していた事を真似たものとも言われるが、詳しい事は分かっていない。 その後、日本SF大会やコミックマーケット以外の同人誌即売会や日本国内のSF大会でも真似をする者が現れ、コスプレは次第に広まっていった。

日本のメディアではアニメ雑誌等が同人誌即売会に関連してコスプレを少しずつ取り上げ始めたが、特に大きく取り扱ったのは、ラポート発行の『ファンロード』1980年8月号(創刊号)であった。同誌は、当時原宿を席巻していたタケノコ族を捩り、原宿にコスプレ集団「トミノコ族」が現われたとする「特集記事」を掲載した。「トミノコ」は『機動戦士ガンダム』の富野由悠季監督に由来するもので、記事には『機動戦士ガンダム』の登場人物やモビルスーツガンダムの仮装をした人々が踊っている写真が掲載された。実際には当時そのような風俗は存在せず、これは報道記事の体裁を採った企画記事だった。しかし、この記事がアニメファン等に「コスプレ」というものを広く知らしめ流行を後押しした可能性は高い。

放送メディアではコスプレという言葉が一般化する以前から、ラジオ番組『mamiのRADIかるコミュニケーション』(東海ラジオ他、1984年~)のイベントで、アシスタントパーソナリティのミンキー・ヤスが『魔法のプリンセスミンキーモモ』の主人公ミンキーモモのコスプレをしていたのが最初かと思われる。以後同番組のイベントではコスプレコンテストを開催するようになった。またテレビ番組『はなきんデータランド』(テレビ朝日系、1989年~1995年)では、アニメランキング特集を行った際にコスプレランキングも発表していた。テレビメディアでは恐らくこれがコスプレを扱った最初期の番組と思われる。

-ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋-

この動画(記事)の感想やツッコミ
コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
投稿フォーム
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/976-ce35b0fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。