YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガキの使いやあらへんで!!
[ コメント ]
ガキの使いやあらへんで!!の爆笑動画です。
菅プロデューサーが七変化に挑戦しています。

 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)
 ≫面白フラッシュを探す(おもフラ)
 ≫面白画像・動画を探す(blog村)
 ≫面白動画を探す(FC2Blog)
[ Wiki ]
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(-つかいやあらへんで)は、日本テレビほかで毎週日曜(一部地域を除く)の22:56~23:26に放送されているバラエティ番組。ガキ、ガキ使(-つか)、ガキの使い、ガキ使いなどとも略称される。
[ YouTubeの動画・情報 ]


ガキの使い - 七変化 菅プロデューサー

| 人気Blog | おもフラ | blog村 | FC2Blog | kutsulog | waraiseek |

  • 健全運営無料出会いノエルはフリーメールの登録も可能。まずは気軽に登録≫見てみる


  • 【 関 連 情 報 】

    [ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!とは]

    1989年10月3日にスタート。開始当初は火曜25:40~の放送(関東ローカル、その後一部地域で放映開始)だったが、1991年10月に22:30~からの「笑撃的電影箱」(1994年4月に番組枠消滅)の後半として現在の枠に昇格(昇格当初は22:55~23:25だったが、1999年4月からは1分繰り下がり、現在の時間帯に変更)。2006年で17周年を迎え、放送回数は850回を超える長寿番組である。

    数々のゲームで敗戦すると、恐怖と爆笑の罰ゲームがあることで有名で、また番組内で繰り広げられる数々の企画とダウンタウンのトークは過激なものからシュールなものまで様々なバリエーションに富み、日本のバラエティ史に燦然と輝く功績を残してきた。

    元々はダウンタウンのビデオを見た日本テレビの菅賢治と土屋敏男の二人が、ダウンタウンの東京進出の足がかりとして二人を「恋々!!ときめき倶楽部」という番組に出演させた。その後菅と土屋は「彼らの漫才を毎週見たい」と熱望し、そのためだけにこの番組をスタートさせた(ちなみに番組タイトルは、「恋々ときめき倶楽部」の中で松本が出演者に対し「お父さんもガキの使いやないんやから・・・」と発したことに由来している)。(かつて放送された特番では、松本が素人のおじさんに「いやいや、それでは済まさん。こっちもガキの使いやないんやから・・・」と言ったシーンが流され、これが由来だと説明されていたこともあった。)

    しかし10週ほどで漫才のネタは尽きたため、その後の番組の骨格となる「オープニング」と「フリートーク」が始まるようになり、現在に至るまでその基本形は維持され続けている。大衆の求める笑いが目まぐるしく変化している現代で、15年以上番組内容がほとんど何も変わらずに続いており(オープニングのBGMすら変わっていない)、日本テレビでは「笑点」に次いで放送期間が長いバラエティ番組である。

    その一方、長寿番組ゆえ、決して内輪ウケを狙った企画ではないものの、「分かる人でなければ笑えない」「長年見続けていないと笑えない」・・・など、マニアックで玄人ウケする笑いが多くなりがちな側面もあり、一部には「見る者を選んでいるようなムードがある」と評する向きもいる。事実、メンバー・スタッフも「マニアックで排他的な作り方をする番組」(浜田)、「視聴者に無理に擦り寄っていく作り方は敢えてしない。分かる人だけ分かってくれればいいし、見れば絶対に面白いと思ってもらえるものを作りたい」(ヘイポー)などと自己評価している(視聴者側としては賛否両論分かれるところではあるが)。

    またこの間、日本テレビの上層部からはゴールデン1時間枠移行のオファーを得たことも幾度かあったが、菅らが「ゴールデン向けの番組と『ガキ』とでは作り方がまるっきり違う。ゴールデンに持っていってしまうと、この番組の色が出せなくなってしまう」として要請を断っている。実際、現在の放送時間枠はゴールデンとも深夜とも言えない絶妙な時間帯での放送であり、このことが「ガキの使い~」を長寿番組としての存続を成し得てきた大きな要因のひとつであると考えられる。ただし近年のスペシャル版に限っては例外としてゴールデンタイムに放送されている。

    更に番組の企画に関しても、即興性が求められるもの、瞬間のリアクションを楽しむもの、シナリオに基づいてきっちり作り込んだものなど、毎週違った作風で番組が作られているせいもあってか、企画意図を理解できない視聴者が「どこが面白いのか?」「あれはヤラセでは?」といった疑問や苦情を投げかけるケースが見られる。例えば幾度か放映されている「板尾いちゃもんシリーズ」はシナリオに基づいて制作されている企画だが、余りにもリアルな演技であること相まって、一部の視聴者が真に受けて「板尾は金に汚い性格」などと日本テレビや吉本興業にクレームを寄せている。また、2002年10月20日放送の「男と男の料理対決」でも同様のクレームが発生。内容は岸部四郎が幾度も落とし穴に落とされ「もう金(で解決してもらう)しかないなぁ!!」と激怒するというもの。これも台本に基づいた芝居であるにも関わらず、真に受ける視聴者が現れ、読売新聞の投書欄に「彼の出演コーナーがなくなってしまった上、落とした側も悪びれる様子がない」などと苦情が掲載されるという珍事となった。

    だが一方、こうした徹底した作り込みの手法は芸能界及び放送業界の間ではとても評価が高く、前述の通り他番組(日本テレビ内だけでなく、他局に於いても)でも「ガキの使い」で放映された企画のオマージュが幾度となく試みられている。だが、その逆のパターンで「ガキの使い」が他番組の企画を真似るというケースはごく少なく、基本的にオリジナルの企画を軸に構成されている(ただしネタとしてあからさまにパクることもある)。

    常に「子供に見せたくない番組」の上位にランクしており、企画によっては抗議の電話が多数かかってくることがある。それへの対策で、過激な企画のときは画面にテロップが出されることがあり、たとえば老人を集めてプロレスしたときは「番組に応募してくれたプロレス好きのおじいちゃんおばあちゃんたちです」、山崎が水中縄抜けをしたときは「山崎は事前に訓練を受けています、真似しないでください」などと出る。が、実はこれらは全部嘘であり、このテロップそのものもギャグなのであるが、実際にこのテロップの効果で抗議が減ったらしい。

    ダウンタウンの人気と共に番組人気も上昇し、1995年頃には11時台の番組にもかかわらず、視聴率は20%を超えるようになった。しかし内容の過激さから、2003年頃から一部のネット局が放送を中止したり(後述)、関東地区ではスポンサーが相次いで撤退するなど、近年はやや不遇な扱いを受けている。しかし、裏番組の「新堂本兄弟」(フジテレビ)を一桁に追い込むなど、視聴率は安定している。ファンの支持は根強く、2004年8月~2007年1月現在、DVD全8巻の売上数がおよそ170万本以上を売り上げる大ヒットを記録。第9巻も売上ランキングトップ10に入るなど、200万枚を超える勢いを見せている。

    2004年12月には1996年3月31日以来8年9ヶ月ぶりのゴールデンタイムでの特番「15周年記念スペシャル 浜田・山崎・田中罰ゲーム 笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅in湯河原」が放送され、関東(日本テレビ)16.9%。放送を休止していた関西(讀賣テレビ放送)では20.0%と高視聴率を記録した。2005年10月4日にも「ガキの使い罰ゲーム!!笑ってはいけない高校(ハイスクール)」がゴールデンタイムに2時間半放送された。

    2006年10月29日放送分のデータ放送で「聞いてみまっしょい!」のコンテンツ中で罰ゲームの放送とその詳細が決定し、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しスペシャル 絶対に笑ってはいけない警察24時!!」が大晦日の21時から年越し後の2007年元旦の24時10分まで放送すると表示されていた(全編生放送ではなく録画なので録画放送で年を越すのは日本テレビ系としては開局以来初のこととなり、また年越しカウントダウンなしというのも大手民放では異例である。実際に2007年になった瞬間は「山崎、アウト!」(ジミー大西が知能犯役を演ずるビデオで彼が悪臭にむせる様子を見て笑ってしまったため)だった)。

    視聴者や痛烈批判をしたやしきたかじんなどから、「DVDが発売される可能性があるから、視聴率が低くなるのではないか」という意見もあったが、ある番組が独自に行った視聴率調査ではK-1を抜き、民放では第一位の視聴率25.3%となり、実際の視聴率も関東地区10.2%(関西地区17.2%)と紅白の裏番組の中では第2位となり、番組の内容が批判を打ち消した格好となった。また、ダウンタウンが「見所があっても、(紅白に)勝つ気がなく勝負を放棄した」と言っていた。また「大晦日年越しスペシャル」でスタジオの映像のみだがハイビジョンカメラでの撮影が行われた。ハイビジョンカメラでの撮影では番組開始以来初めての事である。

    この番組のタイトルバック・エンド提供クレジットで流れる曲には、長年コールドカットの「Theme From "Reportage"」を使用している。

    また、深夜時代からプライムタイム移行後しばらくまでの間はエンディングトークのコーナーがあり、エンドロールと共に収録秘話など2人のトークで番組を締めていた。エンディングテーマは尾崎亜美の「Walkin' in the Rain」。因みにエンディングトークのコーナーでは、当時ダウンタウンがCMをやっていたファミコンゲーム「ロードランナー」の広告をさせられたことがあり、タイアップで作られたそれぞれの人形を手に持っていたが、松本はその人形を思いきり床に叩きつけていた。

    オープニングの番組タイトルロゴ登場時のアニメーションは当初は多種類あり、ほぼ毎週異なっていたが、1997年以降は1種類に固定されている。

    地上デジタル放送では番組と連動のデータ放送が行われており、当番組の放送中にリモコンのデータ(d)ボタンを押すと、放送内容や「おばちゃん日記」「ガキの使いクイズ」などのコンテンツを視聴・利用できる(日本テレビと同時間に放送している地域のみ)。

    -フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋-

    この動画(記事)の感想やツッコミ
    コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
    投稿フォーム
    URL:
    コメント:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/936-2a2b3ee4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。