YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
笑ゥせぇるすまん
[ コメント ]
藤子不二雄Aのアニメ動画です。
観ていると教訓になることが多々ありますね。

 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)
 ≫面白フラッシュを探す(おもフラ)
 ≫面白画像・動画を探す(blog村)
 ≫面白動画を探す(FC2Blog)
[ Wiki ]
笑ゥせぇるすまん(わらうせえるすまん)は藤子不二雄A原作のブラックユーモア漫画でアニメ化、テレビドラマ化もされた。セールスマンの喪黒福造(もぐろふくぞう)が現代人のちょっとした願望をかなえてやるが、約束を破った場合、その代償も負わされる。この作品の本質は単なるブラックジョークではなく、喪黒がオチで発するセリフが示すように、美味い話には用心せよという警鐘的・寓話的な意味合いを兼ねている。
[ YouTubeの動画・情報 ]


笑ゥせぇるすまん 第26話 「狸のオナカ」

| 人気Blog | おもフラ | blog村 | FC2Blog | kutsulog | waraiseek |

  • 健全運営無料出会いノエルはフリーメールの登録も可能。まずは気軽に登録≫見てみる


  • 【 関 連 情 報 】

    [笑ゥせぇるすまんとは]

    喪黒は「魔の巣」というバーに出入りすることと、小田急線内に在住していること以外の私生活すべてが謎の男で、客に対して「ココロのスキマ♡お埋めします」と書かれた名刺を差し出し自己紹介、一回だけという約束で束の間の夢をかなえてやる。なお、名刺に書かれている「ココロのスキマ」には当初「、」がついていたが後に「♡」になった。アニメでは45話以降。ちなみに名刺はウォータープルーフである("温泉奇行"より)。

    しかし、多くの客はその夢に欲望を惹起されて暴走(喪黒との約束を破ることも含む)、あるいは喪黒にもう一度夢を叶えてくれるよう懇願し、それを約束違反として「ドーン!!!!」という呪文とともに奈落の底に突き落とされる。軽いものでは、単なる遅刻をしたり妻に怒られたりする程度だが、重いものになると、財産的・精神的な破産や、進退窮まったり、動物や化け物にされたり、廃人にされたり、死んでしまったりといった結末が待っている。

    また、喪黒と関わった人や場所が他の話で再登場することもある。アニメ版の"イージードライバー"と"安心カプセル"の2話には、全くの同一人物が登場し、喪黒によって2度も破滅してしまう、という結末を迎えている(なお、"イージードライバー"と"安心カプセル"とでは原作漫画の製作時期が大幅に離れているためか、原作では同姓同名の別人のようになっている)。また、日常にくたびれた男が風泊という田舎に行き偶然立ち寄った居酒屋の女将さんに恋をするという話が2話存在する。


    原作・アニメともに初期は喪黒によって(怪しげな物をプレゼントされる場合も含めて)「ドーン!!!!」という呪文によって客は束の間の夢を励起され、その後欲望のままに暴走し自滅してしまうパターンが多かった(「ドーン!!!!」はストーリーの中盤から後半にかけて出る)が、やがて客が喪黒との約束を破ったがために、ストーリーの最後で「ドーン!!!!」を浴び、破滅するパターンが圧倒的に多くなった。最後には不幸のどん底へ陥れられた客を見届けた喪黒の一言と笑いのオチで閉めくくられる。客が喪黒の誘惑を振り切ったり("プロローグ")、喪黒自身が客を破滅から救う話("夜行列車")もあるが、それぞれ1回だけという希少なものである。一方、喪黒が最初から客をひどい目に遭わせるつもりで、悪意ある行動を取るケースも少なくない。喪黒自身も自分のセールスが悪事だと自覚しているらしく、作中で--「私だってたまにはいい事するんですよ~」と洩らしている("極楽風呂")。

    また各話の演出が微妙に違っているため、被害者の末路がテレビ規制コードでもグロテスクな末路になる場合が稀にある。 特に第四十話「若さ自慢」のラストのオチでは、実写の特殊メイクによる老化してしまった主人公の顔がゆがむという恐ろしいラストであった。

    変わったオチでは、外国人夫婦共々日本通になった話("ブルー・アイ・ジャパニーズ")や、失敗しても懲りない男の話("看板ガール" これには喪黒自身も呆れていた)、痴漢のプロになってしまう老人の話("チ漢さん")など、意外に多彩である。また、極稀にハッピーエンドも存在する("愛妻写真"など)。現代社会の風潮として考えられないオチでは、ホステスになった男の話("5時からCLUB")や、夫が妊娠してしまう話("主夫道")、家族ごと変わってしまう話(摩り替わった手帳)など。

    初登場時は『黒イせぇるすまん』であったが、1980年代末にアニメ化にあたり『笑ゥせぇるすまん』に改題された。これに関しては、当時黒人差別表現問題が大きな話題となっており、「黒」が自主規制にひっかかって変更されたという説がある。また、主人公の名も『黒イせぇるすまん』の当時は「もぐろふくぞう」の読みではなく、「もこくふくぞう」であったが、改題と共に変更されている。

    藤子不二雄Aは「執筆中はどうやって客を陥れようかという考えにばかり陥ってしまい、自分自身が喪黒福造になっていくような気がした」と語っている。またトリビアの泉で本人が喪黒の容貌はタレントの大橋巨泉からヒントを得たと語っている。

    関連作品として喪黒福造の弟が主人公の「喪黒福次郎の仕事」がある(後述「その他」参照)。

    また、そのプロットを流用した作品でどおくまん原作の「摩訶不思議!通販大王」がある。

    -フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋-

    この動画(記事)の感想やツッコミ
    コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
    投稿フォーム
    URL:
    コメント:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/921-f5984e1c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。