YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AMD ペンティアムの処理速度で暴走列車を止められるか?
[ コメント ]
AMDペンティアムの海外のCMです。
電車が接近してくるシーンは迫力がありますね。

 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)
 ≫面白フラッシュを探す(おもフラ)
 ≫面白画像・動画を探す(blog村)
 ≫面白動画を探す(FC2Blog)
[ Wiki ]
コマーシャルメッセージ(commercial message:「商業用の伝言」の意)の略語。日本では専らこの意味で用いられ、特にテレビコマーシャルを指す場合が多い。
[ YouTubeの動画・情報 ]


海外の面白いAMD ペンティアムの処理速度で暴走列車を止められるか?

| 人気Blog | おもフラ | blog村 | FC2Blog | kutsulog | waraiseek |

  • 健全運営無料出会いノエルはフリーメールの登録も可能。まずは気軽に登録≫見てみる


  • 【 関 連 情 報 】

    [ペンティアムとは]

    Pentium(ペンティアム)はインテルが1993年に発売した第5世代の80x86アーキテクチャのCPU。そして一連のCPUのブランドの一つ。

    Pentiumは、同社の第4世代のCPUであるi486の後継製品である。当初は80x86というシリーズの5番目として80586またはi586という名称が予想されたが、増えてきたインテルの製品と同じ商品名を競合他社が使用することを嫌い、商標登録を行うにも数字とアルファベットの組み合わせでは認められなかったことから、5を意味するギリシア語のPentaと要素を表すラテン語のiumからの造語Pentiumを名称に用いることになった。なお、インテルはPentiumという単語は形容詞であると主張しているので、CPUを指す場合はPentiumプロセッサというのが正しい。

    前述の通りPentiumは第5世代という点から名付けられたものだが、インテルがPentiumの名称の知名度の向上に力を入れたことから、それに続く第6世代以降でもPentiumの名称を引き続き使用することになった。


    第一世代
    第一世代製品はインテル社内の開発呼称よりP5と呼ばれる。システムクロックと同じ速度で動作する66MHzと60MHzの製品がリリースされたが、量産効果により十分コストが低下した486システムとは違って新規開発のシステムが必要でコストがかさむ上、BiCMOSプロセスであるため消費電力が大きくIntel 486DX2と性能的優位も大きくないことから、普及には第二世代の製品を待つこととなった。


    第二世代
    第二世代は、プロセスを微細化したP54C、P54CS といったコードネームの製品がリリースされた。システムクロックの1.5倍で動作する90MHzと100MHzが登場する。 Intel 430FXと呼ばれるPentium用チップセットにより新設計のシステムアーキテクチャPeripheral Component Interconnect (PCI) が一応の完成を見、PCIと共にPentiumの普及が加速される。低価格パソコン向けとして75MHz(1.5倍のクロックで動作する為、システムクロックは50MHzである)も追加された。後に、2倍、2.5倍、および3倍で動作する120MHz、133MHz、150MHz、166MHz、200MHzが発売される(166MHz以降、対応システムクロックは66MHzのみ)。

    1994年11月に、P5 Pentium及びP54C Pentiumの浮動小数点除算命令にバグがある事がインターネットを通じて報告された。その後日本でも新聞や一般誌によって大々的に報道され、パソコンを持っていない人にもこのバグが広く知られることとなった。インテルは当初バグの発生は演算処理のループでは90億回に1回、表計算ソフトを使った場合27000年に1回であるなどとし、この問題は深刻ではないとしたが、紆余曲折を経て、同年12月20日には全数リコールに至った。リコールにかかった費用は膨大なものであったが、ボックス包装されたバグ対策済みPentiumがリリースされた事が広く報道された。バグが広く報道されたことにより、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ (AMD) のCPUが大量に販売され、これが当時新CPUの開発やインテルとの訴訟に苦慮していたAMDへの資金確保の礎となる[要出典]。また、このバグにより、今までPentiumで計算していた計算結果が信用が出来なくなるとの理由で浮動小数点演算処理がPentiumに比べ遅いながらもバグの無いi486DX4やAMDのAm486、Am5x86、K5、サイリックスのCx5x86等の互換CPU搭載PCの販売が伸びた。

    これと同時期にディジタル・イクイップメント・コーポレーション (DEC) から浮動小数点演算プロセッサに関する知的財産権侵害訴訟を起こされている。これはインテルがDECの当時世界最高速CPU及び単体CPUとしては最も高速な浮動小数点演算処理が出来たDEC Alphaプロセッサの浮動小数点演算回路図をDECからのライセンス無しにコピーを行った事に関しての訴訟である。i486シリーズからの段違いな浮動小数点演算能力、バグ騒ぎからも、当初のPentiumは、DEC Alphaプロセッサの浮動小数点演算回路を流用コピーしたため、そのままコピーすれば起こりえなかったバグが表面化したものと考えられる。そのままコピーせずに劣化コピーとなったのには、インテルが得意とする知的財産権保護意識によりそのままコピーしてはDECから訴訟を起こされる可能性があるが、流用する事によりインテル独自開発であるとの言動を行う事ができ訴訟を回避できるとの判断があったものと考えられるが、やはり流用という劣化コピーではバグの入り込む余地ができ、またこの騒ぎからDECに無断コピーが知れ渡り訴訟を起こされている。このバグ騒ぎが、一時的ではあるが競合していたAMD等のプロセッサ販売に貢献していた[要出典]。


    第三世代
    第三世代はMMX拡張命令セットが付加され、コードネームP55CとしてMMXテクノロジペンティアムプロセッサ (Pentium processor with MMX technology) が登場した。デスクトップ向けとしては166MHz、200MHz、233MHz、モバイル向けとしては120MHz~300MHzが発売された。


    「Pentium」ブランドのその後
    第5世代との意味で命名されたPentiumであるが、製品性能のみならず宣伝にも力を入れた結果Pentiumの知名度は非常に高く、第6世代のプロセッサにもPentium Pro、Pentium II、Pentium IIIとPentiumの名前は用いられることになった。第7世代はプロジェクトの変更によりキャンセルされたが、第8世代にあたるPentium 4、Pentium Dにも用いられた。 しかしプロセッサに求められる環境の変化からそれを最後にPentiumの名称は廉価品に用いられるようになる見込みで、Celeronブランドを置き換える可能性も出てきている。Pentiumの後継の製品の名称にはCoreと決定している(正式な表記はIntel® Core™)。

    -フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋-

    この動画(記事)の感想やツッコミ
    コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
    投稿フォーム
    URL:
    コメント:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/837-7387f4c4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。