YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はですねー
次世代カスタムカー(?)痛車ろーどのCM動画です。


痛車ろーどのCM+痛車動画集
痛車ろーどのCM
 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)

 ≫面白動画を探す(FC2Blog)

 ≫お笑い動画を探す(くつろぐ)

 ≫面白画像・動画を探す(ブログ村)


痛車(いたしゃ)とは、車を用いたカスタム手法のこと。また、その手法を施した車のこと。ネーミングは、2次元キャラクターを描いた車で走り回る「痛い車」という自嘲とイタリア車を示す「イタ車」(いたしゃ)にかけたものである。
[ YouTubeの動画・情報 ]


痛車ろーどのCM

人気Blogを見るFC2Blogで探すくつろぐへ飛ぶブログ村に行く

ドリームカー倶楽部 痛車

人気Blogを見るFC2Blogで探すくつろぐへ飛ぶブログ村に行く

2007痛車の集い

人気Blogを見るFC2Blogで探すくつろぐへ飛ぶブログ村に行く

C71 コミックマーケット

人気Blogを見るFC2Blogで探すくつろぐへ飛ぶブログ村に行く

  • 健全運営無料出会いノエルはフリーメールの登録も可能。まずは気軽に登録≫見てみる


  • 【 関 連 情 報 】

    [痛車とは]

    アニメやゲームなどに関連するキャラクターやメーカーのステッカーを貼り付けたり、塗装を行った車を指す。描かれるキャラクターは、いわゆる「2次元」のものが殆どである。多くは自動車で行われているが、バイク、自転車で行ったものも存在する。バイクの場合は特に「痛単車」(いたんしゃ)と呼ばれることもある。コミックマーケットの最終日などには、国際展示場駅の前や駐車場等に停まっているのを実際に見ることができる。

    ファン活動の一環として行われているものであり、メーカーによる販促活動によるものは含まない。また、アイドルなどをペイントした車や、通常のデコトラ・ラッピングバスも含まない。但し、これには「メーカーの販促活動としか見えない車が存在する」との異論もある。


    1990年代後半にバニングのバリエーションの一つとして声優の椎名へきるが車体に描かれた「へきカー」というものも存在したが、その流れともまた異なる。ただし元「へきカー」乗りの「痛車」乗りも存在する。

    痛車は「単なる痛車にする」か「走り屋風にする」かの2つに分かれる。前者は上記の事柄を行い、いわゆる「オタク」が乗っている車、と認識できる位までのレベルのこと(ウケ狙いも含む)であり、現在はこちらが大半を占める。後者は見た目は「走り屋」的なステッカーデザイン等を駆使するもので、この場合は作品名やメーカーロゴ等のステッカーを貼ったり、主にラリーマシンやGTマシンのデザインを模範し、選手名の表記などを好きなキャラクターの名前に置き換えたりする傾向にある。「走り屋風にする」の原案は北海道の痛車乗りが提唱したスタイリッシュ痛車という分類であると言われている。パロディステッカーも痛車のバリエーションの一つにもなっている。

    世間からの評価は一種のアートとして評価する場合、不可思議な趣味と嫌悪する場合、冷やかしの対象となる場合などがあり、一様ではない。 出来のいい痛車は小学生や中学生に男女を問わず人気が高い。


    [痛車の歴史]

    一説には、80年代にはすでにそれに類するものがあったとも言われるが、多くの人に目撃されるようになったのは1990年代後半からである。アニメの音楽CDやぬいぐるみを車内に置いたり、タイトルロゴや作中で登場する組織・団体のエンブレムのステッカーを貼る車が増えだしていた。 一部伝説や幻まで言われた車が出現したりもしたが、この頃はあくまで個人レベルでひっそりとやっている人達が大半であった。

    2000年代になりオタク文化が世間一般に広く知られるようになると、萌えキャラ(大半は萌えアニメや成人ゲームのヒロイン)をモチーフにしたステッカーや製作会社のロゴを、エアブラシで直に塗装したりフルカラーのシールで貼ったりと、その内容はより過激さを増し、さらにはネットの普及で、その存在が多くの人達に知られるようになった。

    痛車人口が増えるにつれ、痛車オーナーが集まるチームが次々と結成され、それらのチームに所属する人達も増えていった。その影で無意味な派閥争いや抗争、暴走行為、国際展示場駅前や秋葉原等での違法駐車、イベント開催中の駐車場での騒動等が発生するなどの問題も発生した[1]。このため、団体への所属を敢えて避け、個人レベルでひっそりとやっている人達も多く存在する。

    なお、チームと称される集まりの中にはあくまでチームではなく共同体であると自称している所もあるが、傍から見ればチームでしかないという奇妙な集まりもある。

    近年では走り重視のチューニングを行い、東京オートサロンといった萌えとは関係のない自動車イベントにも見られるようになった。

    -ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋-



    あたいの名前は甲陽軍艦(16)

    オタクのカスタムカー?
    んごんご。



    痛車は痛車というジャンルみたいだな。
    バニングでもVIPでもラグジュアリーでもスポコンでもない「痛車」。
    カスタム系の新しいジャンルなんだろうな。
    痛車のイベントもあるっぽいけれどこれはアートとしてどうなんだろうか。

    我が輩の名は武功夜話 猿人類の神である


    私の名前は秀真伝です

    カスタムもそうですしそれ以外の趣味もそうですけれども大事なのは好きか嫌いか楽しいかつまらないかですからね。
    好きで楽しいならそれだけでいいのではないでしょうか。

    ただし評価されるかされないかは別問題なんですがね。

    秀真伝でした。

    この動画(記事)の感想やツッコミ
    コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
    投稿フォーム
    URL:
    コメント:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/778-8e988f16
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。