YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はですねー
志村けんのだいじょうぶだぁの面白コントです。


志村けんのだいじょうぶだぁ コント 14
志村けんのだいじょうぶだぁ
 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)

 ≫面白動画を探す(FC2Blog)

 ≫お笑い動画を探す(くつろぐ)

 ≫面白画像・動画を探す(ブログ村)


志村 けん(しむら けん、1950年2月20日 - )は、日本を代表するコメディアンのひとり。本名、志村 康徳(しむら やすのり)。血液型はA型。歌手、俳優でもあり、ザ・ドリフターズ(以下、ドリフと表記)の一員である。愛称は「志村」「しむけん」「けんちゃん」「ケン坊」、ダチョウ倶楽部の上島竜兵や桑野信義からは「師匠」と呼ばれ、また本名から「やっちゃん」、「康べぇ」など。イザワオフィス所属。身長168cm。
[ YouTubeの動画・情報 ]


志村けんのだいじょうぶだぁ コント 14

>>人気Blogを見る>>FC2Blogで探す>>くつろぐへ飛ぶ>>ブログ村に行く

  • 健全運営無料出会いノエルはフリーメールの登録も可能。まずは気軽に登録≫見てみる


  • 【 関 連 情 報 】

    ken's blog 志村けん公式ブログ

    志村憲司(芸名の「けん」は父親の名から由来。)・和子の三男として東京都東村山市に生まれる。父は元軍人で、戦後は小学校教諭となり教頭まで務めた。

    本名の「康徳」は、父親が徳川家康を尊敬していたことにちなむ(『志村けんのだいじょうぶだぁ』より)。

    小学校時代、運動会で便をもらしたことがあったからか、中学校(東村山第二中学校)時代は文化祭でよくコントをしていたという。彼は、所ジョージ(埼玉県所沢市出身)の遠戚(血縁の遠い親戚)とバンドを組んだこともあった。東京都立久留米高等学校中退。中退の理由は、卒業間際にドリフの付き人になった際、いかりや長介に強引に東北巡業につきあわされ出席日数が足りなくなってしまったためである(本人の証言であるが、様々なプロフィールでは卒業となっている。一説によれば、遅れて卒業したという)。2007年3月のBlogでは、高校3年当時2月に付き人になり、3月の卒業式には参加したことを述べている。

    はじめは由利徹の弟子になろうとした。ついでコント55号かドリフのどちらに弟子入りするか迷ったが、音楽性の面からドリフを選び、1968年にいかりやの家まで押しかけ、玄関前で12時間正座した末ドリフの付き人となり、いかりやに弟子入りする。

    付き人(住友建機のコラムであるPower Talk取材時の本人の証言、及び加藤茶の証言によれば、加藤の付き人であったという)時代、1年余りであっけなく脱走(本人の著書では、社会勉強をするため他の付き人に伝言して辞めたというが、いかりやの許可をもらったわけでないため、やはり脱走である。しかし、『SMAP×SMAP』(フジテレビ)のビストロSMAPに出演した際には、この時のことを、いかりやの家に行き、「1年間だけ時間をください。1年経ったら戻ってきます」といかりやに言ったが、当時夫婦喧嘩の最中だったいかりやからは「うるせぇこの野郎」と無視されたとのことである)。戻ってくる時はいかりやの家に行きにくかったので、志村は加藤の家に行って頼み、加藤が個人的にいかりやに口添えし出戻った。幸い、いかりやから「破門」は免れた。その後暫く、加藤の付き人兼加藤家居候となる。当時無名の付き人だった志村は、免許がないため当時国民的ヒーロー加藤の運転する車の助手席にふんぞりかえったまま加藤の家に帰り、加藤を差し置いて加藤の母親に晩御飯のメニューを頼み晩御飯を用意してもらい、加藤より先にお風呂に入るという大物ぶりを発揮していた(余談だが、志村はエッセイ『変なおじさん』にて『SMAP×SMAP』を視聴率の高い調子が良い番組である事を評価していた。それと同時に『志村けんのだいじょうぶだぁ』放送開始当時の不毛の月曜日のエピソードも語っていた)。

    ※当時のドリフは積極的に音楽活動を行っていたため、仲間内では『付き人』ではなく『バンドボーイ』と呼ばれていた。

    1972年お笑いコンビマックボンボンを立ち上げ、TV番組『ぎんぎら!ボンボン!』に出演するも、失敗に終わった(この頃の芸名は「志村健」の表記が多かった。なお「志村健」の芸名は、現在台湾で使用されている)。しかし荒井注の脱退により、ドリフ見習いを経て、1974年正式にドリフのメンバーに。なお、この時リーダーのいかりやは、荒井やいかりやと同年代の新メンバーの加入を検討していたが、加藤の推薦により若手の志村が起用された。

    ドリフ正メンバーになって2年間ほどはギャグが全く受けなくスランプ状態であった(この頃の芸名は「志村ケン」の表記もあった)。しかし、1976年『東村山音頭』が子供に受け、ブレイクした後は、全てのギャグが受け始め、ドリフ一番人気の座を獲得。「お笑い界のドン」への道を突き進む。

    -フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋-

    この動画(記事)の感想やツッコミ
    コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
    投稿フォーム
    URL:
    コメント:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/701-5a8c9cf0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。