YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はですねー
真救世主伝説の第二部ユリア伝の動画です。


真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝
真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝
 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)

 ≫面白動画を探す(FC2Blog)

 ≫お笑い動画を探す(くつろぐ)

 ≫面白画像・動画を探す(ブログ村)


第二部『真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝』
2007年冬 OVA2月23日発売
ケンシロウやラオウがユリアに初めて出会った時から第一部までをユリア視点で描いた作品。シンやレイ、五車星(ジュウザ以外)も登場している。ユリアの声優に石田ゆり子を起用しているが、TVアニメ版ファンからは批判の声がある。
[ YouTubeの動画・情報 ]


真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝p1

人気Blogを見るFC2Blogで探すくつろぐへ飛ぶブログ村に行く

真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝p2

人気Blogを見るFC2Blogで探すくつろぐへ飛ぶブログ村に行く

真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝p3

人気Blogを見るFC2Blogで探すくつろぐへ飛ぶブログ村に行く

真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝p4

人気Blogを見るFC2Blogで探すくつろぐへ飛ぶブログ村に行く

真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝p5

人気Blogを見るFC2Blogで探すくつろぐへ飛ぶブログ村に行く

真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝p6

人気Blogを見るFC2Blogで探すくつろぐへ飛ぶブログ村に行く

真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝p7

人気Blogを見るFC2Blogで探すくつろぐへ飛ぶブログ村に行く

  • 健全運営無料出会いノエルはフリーメールの登録も可能。まずは気軽に登録≫見てみる


  • 【 関 連 情 報 】

    [北斗の拳と経絡秘孔とは]

    北斗の拳

    『北斗の拳』(ほくとのけん)は、原作・武論尊、作画・原哲夫による少年漫画。およびそれを原作・題材としたテレビアニメ(1984年)・ゲームを指す。

    北斗七星に象徴される伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者、ケンシロウの生き様を描くハードボイルドアクション。舞台は199X年の最終戦争後の地球。核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、残された資源(主に水と食料)をめぐって争いが繰り返されるという、暴力が支配する世界である。

    主人公の使う北斗神拳により人間の頭や胴体が破裂するショッキングな描写、「ひでぶ」 「あべし」「たわば」「あぷぱ」などといった異様な断末魔の悲鳴、大時代的ともいえる宿命的な物語、「お前はもう死んでいる」「わが生涯に一片の悔いなし」などの数々の名台詞から一大ブームを巻き起こし、日本中でまねをする子供が見られた。「秘孔を突く」という言葉もよく使われた。ただ「お前はもう死んでいる」は本作では数回しか言っておらず、アニメで多用していたため、流行した。

    2006年現在、完全版が刊行中。週刊コミックバンチでは、本作の前日譚にあたる「蒼天の拳」の連載が行われている。


    経絡秘孔

    経絡というのは、東洋医学の用語で、気(血やエネルギーを含む)の流れるルートとされるものである(鍼灸で施術に使用されるのは経穴 (けいけつ)であり、一般的にはツボと呼ばれる)。

    北斗神拳ではそれらの要所(秘孔)を突くことにより敵を破裂させたり、人体を強化することができるとする。なお秘孔は、「北斗の拳」の時点で708個(+アミバが開発した数個)が発見されている。

    また北斗琉拳にも同じように経絡破孔と呼ばれるものが存在しこちらも人体の要所(破孔)を突くことにより人体に様々な変化を与える。破孔は「北斗の拳」の時点で1109個発見されている。

    -ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋-

    この動画(記事)の感想やツッコミ
    コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
    投稿フォーム
    URL:
    コメント:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/648-7dcd4d61
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。