YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はですねー
オタク度をチェック出来る面白い動画(入門編)です。


オタク度チェック 入門編
オタク度チェック 入門編
 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)

 ≫面白動画を探す(FC2Blog)

 ≫お笑い動画を探す(くつろぐ)

 ≫面白画像・動画を探す(ブログ村)


おたくとは主にアニメや漫画などサブカルチャーに没頭する人間を指す言葉で、中森明夫が1983年6月から1983年12月まで『漫画ブリッコ』誌上に連載した「「おたく」の研究」の中で紹介され、一般化した(そのコラム自体は、おたくの外見や同人誌即売会での行動を論う、悪意に満ちたものだった)。これは「おたく族」という、従来からあった竹の子族や太陽族といった「○○族」という扱いの範疇の一つとして挙げられている。
[ YouTubeの動画・情報 ]


オタク度チェック 入門編

>>人気Blogを見る>>FC2Blogで探す>>くつろぐへ飛ぶ>>ブログ村に行く

  • 健全運営無料出会いノエルはフリーメールの登録も可能。まずは気軽に登録≫見てみる


  • 【 関 連 情 報 】

    [おたくとは]

    日本では主に、初期(1980年代)の頃にはその出展元にも関連して、対象年齢を過ぎたと世間的に認知されている趣味(アニメや漫画、アイドル、ゲーム、コンピュータなど)をもつ独身の日本人男性に対して用いられることが多かった。しかし近年、外国人、日本人女性、そして既婚の男性に用いることも多くなり、また前述以外の、ややカルト的な趣味、インドア系の趣味、また学術的な趣味を持つ人に用いられることも多くなってきている。ただし、女性や外国人男性がこれらの趣味をもつ場合には「~~好き」「~~マニア」と呼称されることが多く、現在でもその傾向は続いている。また日本人男性でも50代以上の者、またハイカルチャー・アカデミックな学術分野に没頭する人が、オタクと呼ばれることは少ない。その一方で、学術分野の専門家の中でも、理学・工学系の研究者に限り、オタクと呼称することが多いとの意見もある。

    古くはアニメ・漫画といった作品に絡んで行われる同人活動(→同人誌)との関連性から、「狭義のおたく」と呼ぶべきかなり限定された意味合いを持つ存在とされたが、近年では含む意味が拡大して「広義のおたく」と呼ぶべき一定の範疇・属性を含むグループ全体をこのように呼称する傾向が見られる。「広義のおたく」では「社会一般からは価値を理解しがたいサブカルチャーに没頭しコミュニケーション能力に劣る人」というネガティブな見解から「特定の事物に強い関心と深い知識を持つ一種のエキスパート」であるといった肯定的な主張まで、オタクの意味するところは人により大きく異なり定っておらず論争も多い。

    また、特定の趣味への没頭の有無に関わらず、「おたく」を「一般人から理解されない奇異な行動を取る男性」との意味で用いる者も多い。また、趣味に没頭する原因を、女性に相手にされないための逃避行動と考え、「女性にモテない男性」との意味で用いることがある(これらは若い女性がよく用いる)。この意味で用いる場合、女性が「おたく」と呼ばれることは少ない。このように侮蔑的な意味合いで使われることも少なくないが、これを偏見・差別だとする批判も強い。

    語源としては、彼ら(彼女ら)がアニメ作品などについて会話をする際相手に対する呼称(二人称)を「お宅」とし、「お宅は○○についてどう思う?……お宅は?」と呼び合ったのが始まりという説が有力。アニメ超時空要塞マクロスで主人公の一条輝が、二人称の事を「お宅」と使用していたため、そこから始まったと言う説もある。オタク・ヲタクとも表記する(むしろ、最近では平仮名で表記することのほうが少ない)。このほか、おたくに該当する人が会話において相手方を呼ぶときに「オタク」と呼称することから付けられたとする異説もある。

    なお、岡田斗司夫が1996年5月に発表した著書『オタク学入門』によると、少なくとも執筆当時には、この「オタク」という言葉がNHKの放送問題用語に指定されている事が、岡田がNHKから取材を受けた際に明らかになったとの事である。

    -フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋-



    私の名前は秀真伝です

    何人くらいわかりましたか?
    メジャーな漫画が多かったのでほとんどわかってしまったかもしれませんね。
    もし一人もわからなかった場合は「大人しくお家に帰ってクソして寝ろ」と言われるでしょう。

    秀真伝でした。

    この動画(記事)の感想やツッコミ
    コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
    投稿フォーム
    URL:
    コメント:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/639-5489fda1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。