YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はですねー
面白アニメ浦安鉄筋家族の動画です。


アニメ浦安鉄筋家族 第03発目
アニメ浦安鉄筋家族
 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)

 ≫面白動画を探す(FC2Blog)

 ≫お笑い動画を探す(くつろぐ)

 ≫面白画像・動画を探す(ブログ村)


『浦安鉄筋家族』(うらやすてっきんかぞく、SUPER RADICAL GAG FAMILY)は、浜岡賢次のギャグ漫画である。略称は「浦筋」(うらきん)「浦鉄」(うらてつ)。
[ YouTubeの動画・情報 ]


アニメ浦安鉄筋家族 第03発目

>>人気Blogを見る>>FC2Blogで探す>>くつろぐへ飛ぶ>>ブログ村に行く


【 関 連 情 報 】

[浦安鉄筋家族とは]

「週刊少年チャンピオン」で、1993年から2002年まで連載された。コミックスは全31巻。CDドラマやキャラクターブックも発売されている。一時期、ギャグ漫画売り上げ日本一になった経歴を持つ。連載終了後、同誌で続編の元祖!浦安鉄筋家族が連載中。

千葉県浦安市が舞台である。主人公・大沢木小鉄(小2)とその友達・家族が、どたばた喜劇を繰り広げる。スカトロネタが非常に多く、暴力描写も多い。プロレスラーや芸能人のそっくりさんがよく登場する。

ちなみに、作品の連載された年は丁度クレヨンしんちゃんのブレイク中であったため、この作品に便乗したのが本作とも考えられる。(共通する所として、実際の地名を舞台にしていること。ドタバタ一家の日常マンガ。)また、行け! 稲中卓球部とこの作品は、作風が似ている。

「4年1組起立!」の登場人物と被っているキャラもあり、「4年1組起立!」の続編と言っても過言ではないだろう。

単行本の表紙にその巻で掲載されている漫画のコマを載せるのが特徴である(主にパロディキャラや新キャラが載る事が多い)。これにより、パロディキャラが載っている表紙を見て、この作品に興味を持った人も少なくない。もう一つ特徴なのは作者自身の作品評がある事である(当初は詳細まで書き綴ってたのだが、中盤以降は「普通」など淡白なものと化してしまった)。どうしても納得のいかない作品は収録されない事もある(前作「4年1組起立!」にも存在するが、この「浦安鉄筋家族」など他の浜岡作品の単行本に収録されている)。

痛快で面白いと主張する読者は多いが、笑いのとり方が非常に幼稚であるため、厳しい批判も多く、賛否は分かれる。元々作者の浜岡賢次がプロレスファンであるせいもあって、暴力による出血等のシーンが当たり前のように登場し(ラリアットなどのプロレス技まがいの攻撃が多い)、毎回のようにウンチが描かれている(ちなみにこれは作者曰く「ウンコは子供向けギャグマンガの必需品」という見解を持っているため、樫本学ヴなど児童向け漫画家にもこの傾向がある)。このため、下ネタも数多く登場(ただしエロネタは登場しない)し、批判的な意見も少なくない。

ディズニーランドなどの施設や、会社の名前を変えたり、浦安には全くない展望台(通称 浦安フジ)を描いてある事も有名。個性的な名前のサブタイトル、擬音、効果音も特徴である。特に、殴られた時の奇声(例:「ぱー」「みゅー」「ヘップバーン」「ついー」「おご」)は有名なネタに挙げられている。

400発目(連載400回)では、「浦安市民最強を決める格闘技大会」(『グラップラー刃牙』の地下闘技場最大トーナメントのパロディ)が開催され、「500発目に続く」とあったが、500発目は描かれる事なく「元祖!」にリニューアルされた。「元祖!」の話数カウントは「~固め」であり、リセットして1から数えなおしている。その後、「元祖!」47固めで510発目が連載された(47固めのサブタイトルは「500発+10」)。 また、201固めにその続編が描かれている。

12巻に「214事件」というバレンタインデー(2月14日)ネタの話があるが、これは「214発目」の話である。作者はこの奇妙な一致に、最後のセリフ入れ作業の時に気づいたという。編集部か作者本人があらかじめ仕組んでいたという可能性もある。

連載前期頃は暴力描写や教育上よろしくないシーンが多く見られたが、現在ではそのような非教育的描写もだんだんと減少し、読みやすくなっている。一見ただの何も考えてないだけの漫画に見えるが、連載期間十数年という長い時間の中で、ホームドラマを描き続けるというのは卓越した人生経験なしには描くことはできない。実際、連載がリニューアルと言う形で継続された事を考えても、大沢木小鉄と言う少年の人生ドラマから始まって、他のキャラクターのホームドラマへと発展していき、やがては一つの都市における一大人間ドラマにまで行き着いた、(作者がひとつ分の都市をも創り上げるほどの偉大な想像力を持つということとなる。)という意見も存在している。作者浜岡も「小鉄は自分自身を映したもの」と語っている事から、主人公のモデルに幼少期の自分自身を用い、自身の少年時代を元に作品を構成した、と言い切れる。以上のことからこの漫画は作者なりの人間愛や家族愛などの人生哲学的なものがどこかにこめられていると思われる。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋-

この動画(記事)の感想やツッコミ
コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
投稿フォーム
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/609-0ad6dfaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。