YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はですねー
アニメのおっきいおっぱいいっちゃいおっぱいおっきいお尻ちっちゃいお尻が沢山出てくる動画です。


(MAD)いろんなアニメの水着総集編 夏の女王.様
いろんなアニメの水着総集編 夏の女王.様
 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)

 ≫面白動画を探す(FC2Blog)

 ≫お笑い動画を探す(くつろぐ)

 ≫面白画像・動画を探す(ブログ村)


一般には、梅雨明けから夏が始まるものとされる。 夏は温帯地域でもっとも暑い時期を指すものである。気象庁では最高気温が25℃以上の日を夏日(なつび)、30℃以上の日を真夏日(まなつび)と呼んでいる。これらの日の生じる月は、地域にもよるがおよそ六月から九月の間で、中でも七月から八月がもっとも気温が高い。したがって、これを中心にその前後が夏である。

なお、南半球においては12月・1月・2月あたりが夏となる。
[ YouTubeの動画・情報 ]


(MAD)いろんなアニメの水着総集編 夏の女王.様

>>人気Blogを見る>>FC2Blogで探す>>くつろぐへ飛ぶ>>ブログ村に行く



【 関 連 情 報 】

[夏に関しての情報]

夏は、一年のうちで最も暑い季節であり、また、最も昼が長い季節でもある。日本では一日の最高気温が25℃以上の場合は夏日、30℃以上の場合は真夏日という。また、35℃以上の場合は酷暑日ともいう。一日の最低気温が25℃を下回らない場合は熱帯夜という。日本列島を太平洋高気圧が広く被う。地表が強く暖められるので、午後になって積乱雲(いわゆる入道雲)を生じ、にわか雨(夕立)となることがある。南の海域では、台風がどんどん発生するが、この高気圧にさえぎられて日本本土には近寄りがたい。大抵は西に進んで沖縄を通って東シナ海に抜ける。まれに本州南岸に来る場合、往々にして迷走するので、夏の台風は予測が難しいという。

日本の夏は降水量も多いので植物の葉が繁る時期でもあり、動物の活動も盛んである。しかし、あまりに暑さが激しい場合は生物の活動も低調になる。種によっては夏眠をとるものもある。他地域では夏に高温と共に乾燥する地域もあり、そのような地域では生物の活動は難しい。また、あまりの高温のために生物の生存が危機に陥る場合もある。最近では、2006年に米国で46℃を超える暑さにより老人や牛などが死亡する事件があった。人間も夏期休業・夏休みがある。欧米各国やオーストラリアなどでは、サマータイムとなる。


[ビキニについて]

シチリア島にある5世紀頃ローマ帝国時代のモザイクには、ビキニに似た服で運動する女性が描かれている。
1946年マーシャル諸島のビキニ環礁で米国によって、第二次世界大戦後初の原爆実験が行われた。その報道の直後、1946年7月5日レアールがビキニと命名してこの水着を発表したと言われる。「初めて見た人々が受けた多大な衝撃を、ビキニ環礁での水爆実験になぞらえ」と言われることがあるが、これは誤りである。ビキニ環礁での最初の水爆実験は1954年で、この水着の発表より後である。

1946年にフランスのルイ・レアール(Louis Reard、「ルイ・リード」「ルイ・レアード」とも)が考案。レアールは自動車エンジニアだったが、母親が下着会社を経営しており、その手伝いをしているときにビキニを考案した。同じ頃、フランスのデザイナージャック・エイム(Jacques Heim)によってほぼ同様の水着が考案され、アトム(Atom)と名づけられている。デザイナーとしては無名だったレアールに対し、エイムはすでに高い評価を得ていたデザイナーであり、そのため「ビキニを広めたのはエイム」とされることがある。

発表当時から肌の露出度がかなり高い水着であり、あまりの大胆さから当初はほとんど着用されず、アメリカでは、1960年代初頭まで一般的なビーチでは着用禁止とされていた。それでも現在のものに比べれば、同じ「ビキニ」というカテゴリーではあれど、地味なものであった。
1960年にはブライアン・ハイランド(Brian Hyland)が『ビキニスタイルのお嬢さん』(Itsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polka-Dot Bikini)という歌を歌い、ビルボードのHOT 100で1位を記録し、日本でもヒットした。ちなみにこの曲のモデルは作者のポール・ヴァンス(Paul Vance)の当時2歳の娘だったという。日本では田代みどりや坂本九らがカバーした。

日本には1950年に輸入されたが、一般に着用されるようになったのは1970年代になってからである。キャンペーンガールであったアグネス・ラムのビキニ姿のポスターが人気になった。
1980年代初頭の日本からは一時ビキニが廃れ、ワンピースが復活した。これは水着メーカーの作り上げた流行にもよるが、当時放映されていたアイドル水泳大会や、アクションカメラ的な写真集が流行した為、女性が警戒心を抱いたという説もある。

-ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋-




実はですねー
みなさん、おはようございます。

バリッとせっくす
んご。

我が輩の名は…
おはよう!凡愚ども。

実はですねー
早速ですが、この動画を見て感じたことを一言お願いします。

バリッとせっくす
夏になったらあたいのビキニ姿を見せてあげるね♡んごんご。

我が輩の名は…
海に行くとビキニの女性が多いから逆に競泳水着のような水着で歩いているのを見ると度肝を抜かれるな。
見慣れないせいもあってか妙にエロスを感じてしまうのは我が輩だけなのだろうか。
でも一緒に行ったメンバーの中に競泳水着を着た女性がいたら一緒に歩くのは正直つらいな。

実はですねー
無難に可愛いビキニが一番ですね。

秀真伝でした。



【PR】今、最も旬な無料出会い掲示板


【PR】気軽に話せる!気軽に見つかる!エンジョイ友達作り!
この動画(記事)の感想やツッコミ
コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
投稿フォーム
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/521-ba1ed2a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。