YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はですねー
歴代の戦隊系のオープニング集、今回は「星獣戦隊 ギンガマン」です。(音楽だけ)
※本物が見つかり次第追加します
1998.2.22~1999.2.14  


ギンガマン+ケロロ軍曹=ケロロマン!!
:(MAD)ギンガマン+ケロロ軍曹=ケロロマン!!
 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)

 ≫面白動画を探す(FC2Blog)

 ≫お笑い動画を探す(くつろぐ)

 ≫面白画像・動画を探す(ブログ村)



スーパー戦隊シリーズ(スーパーせんたいシリーズ)は、1975年にスタートしたテレビドラマシリーズである。仮面ライダーシリーズやウルトラシリーズと並ぶ、特撮ヒーロー番組のシリーズのひとつであり、30年以上続く長期シリーズである。
[ YouTubeの動画・情報 ]


ギンガマン+ケロロ軍曹=ケロロマン!!

>>人気Blogを見る>>FC2Blogで探す>>くつろぐへ飛ぶ>>ブログ村に行く


【PR】ケータイ激裏活用術―ケータイに映画も音楽も入れとこう!


【 関 連 情 報 】

[星獣戦隊 ギンガマンとは]

『星獣戦隊ギンガマン』(せいじゅうせんたいギンガマン)は、1998年(平成10年)2月22日から1999年(平成11年)2月14日までテレビ朝日系列で毎週日曜日7:30 - 8:00に全50話が放送された、東映製作の特撮テレビドラマシリーズ「スーパー戦隊シリーズ」第22作である。ちなみに、サブスポンサーであった大手靴メーカーのアサヒコーポレーションが1998年3月31日に倒産、公共広告機構のCMに差し替えられた。

『恐竜戦隊ジュウレンジャー』から『忍者戦隊カクレンジャー』まで続いた通称・ファンタジー系戦隊の第四弾。この作品での戦士達は、地球の自然と共に暮らす(一般社会とは結界で隔絶している)ギンガの森の民で、大自然より与えられた力「アース」を武器に戦うと設定されている。(このため、番組内のテロップもカントリー調になっている。)また『超力戦隊オーレンジャー』初期以来、久々に変身後も変身前の本名で呼び合っている。

主題歌の歌詞を用いたギンガマンのケレン味あふれる名乗りせりふや、小林靖子他の脚本家達による丁寧かつ矛盾点の少ないストーリー構築など作品としての評価も高い。なお、当作品は『恐竜戦隊ジュウレンジャー』以来となる視聴率二桁(最高視聴率は第11章「戦士の純情」での10.8%)を獲得した。

また『激走戦隊カーレンジャー』、『電磁戦隊メガレンジャー』の前2作ではナレーターがいなかったが、原点回帰とシナリオの重厚さやシリアス面を強調するため、当作品ではナレーターが復活した。起用されたのは独特の語り口にファンも多いベテラン声優若本規夫で、彼はアバンタイトルや劇中の要所で、重厚なシナリオを盛り上げているのに一役買っている。なおアイキャッチにはイラストが使用されているが、これは『電撃戦隊チェンジマン』以来である。またアイキャッチでは、若本が「ギンガマン」と叫んでいる。

当作品の1号ロボに当たるギンガイオーは、途中2号ロボに立場を譲ることなく、また他のロボと合体することもなく、ギンガの光によってパワーアップしたという設定で最後まで闘い続ける点が、他作品に比べて特徴的である。偶然であろうが、前年に同じテレビ朝日系列で放映されていた、勇者シリーズ『勇者王ガオガイガー』と同じような設定である。なお東映側の当時のプロデューサー寺成紀は、巨大ロボを廃し、5体の星獣達のみでストーリーを進めることも考えていたと言う。また「オーレンジャーの制作当初の頃にも巨大ロボを廃する事を考えていたが、当時の社会情勢によって没になった」とコメントしている。

-ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋-





【PR】今、最も旬な無料出会い掲示板


【PR】気軽に話せる!気軽に見つかる!エンジョイ友達作り!
この動画(記事)の感想やツッコミ
コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
投稿フォーム
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/492-58e93d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。