YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はですねー
歴代の戦隊系のオープニング集、今回は「鳥人戦隊 ジェットマン」です。
1991.2.15~1992.2.14  


鳥人戦隊 ジェットマンOP
鳥人戦隊 ジェットマン<br />
 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)

 ≫面白動画を探す(FC2Blog)

 ≫お笑い動画を探す(くつろぐ)

 ≫面白画像・動画を探す(ブログ村)



スーパー戦隊シリーズ(スーパーせんたいシリーズ)は、1975年にスタートしたテレビドラマシリーズである。仮面ライダーシリーズやウルトラシリーズと並ぶ、特撮ヒーロー番組のシリーズのひとつであり、30年以上続く長期シリーズである。
[ YouTubeの動画・情報 ]


鳥人戦隊 ジェットマンOP

>>人気Blogを見る>>FC2Blogで探す>>くつろぐへ飛ぶ>>ブログ村に行く


【PR】ケータイ激裏活用術―ケータイに映画も音楽も入れとこう!


【 関 連 情 報 】

[鳥人戦隊 ジェットマンとは]

『鳥人戦隊ジェットマン』(ちょうじんせんたいジェットマン)は、1991年(平成3年)2月15日から1992年(平成4年)2月14日までテレビ朝日系列で毎週金曜日17:30 - 17:55に全51話が放送された、東映製作の特撮テレビドラマシリーズ「スーパー戦隊シリーズ」第15作である。

戦隊のモチーフとなっているのは鳥。また『科学忍者隊ガッチャマン』の作風を随所に取り入れた(スーツカラー・ジェットホークを含む5機の戦闘機・5人が翼を使って飛ぶ描写等、『ガッチャマン』と似つく点が見受けられた[1])。ブラックコンドル / 結城凱を演じた若松俊秀の回想では、オーディション当時の仮題はもっとストレートな『超人(鳥人?)戦隊バードマン』だったそうである。

スーツカラーはレッド、ブラック、イエロー、ホワイト、ブルー。全編通して3人だった『太陽戦隊サンバルカン』、当初3人だった『超獣戦隊ライブマン』を除けば、初のピンクがいない戦隊であった[2]。

前作『地球戦隊ファイブマン』は、後半こそ持ち直したものの一時は著しい視聴率不振に陥り、シリーズそのものの打ち切りが危惧されていた。この主因を長期シリーズには避けられないマンネリにあるとみた東映プロデューサー鈴木武幸は、本作で「戦隊」の革新を試みた。その意志は、脚本[3]のメインに若手の実力派として台頭してきた井上敏樹を、メイン監督にキャラクターデザイナーとしても有名な映画監督・雨宮慶太を起用し、『ファイブマン』から矢島信男に代わって特撮監督に就いた佛田洋と合わせて世代交代を図った人事面に端的に現れていた。

『ファイブマン』が後半において視聴率上の危機を脱却出来た要因に、高年齢層向けの様々な策があったことを踏まえて、設定や世界観の構築においても革新的な要素が多く取り込まれた。その中でもっとも特徴的なのは、これまで戦隊シリーズの中でほとんど排除されていた「男女混合チームの中での恋愛模様」を描いただけでなく、それを物語の中心に持ってきたことである。具体的にはホワイトスワン・鹿鳴館香に対し、ブラックコンドル・結城凱とイエローオウル・大石雷太が恋愛感情を抱く→しかし香はレッドホーク・天堂竜に好感情→だが竜は洗脳されて敵組織「次元戦団バイラム」の幹部マリアとなったかつての同僚にして恋人・藍リエが忘れられない、という四角関係がストーリーの重要な部分を占めていた。そのためファンからは「戦うトレンディドラマ」と呼ばれた。その一方で保護者の一部からは「子供向けの内容ではない」と言う批判もあった。

その恋愛模様の中心人物である凱は「タバコも吸えば酒も飲み、女性が大好きな不良っぽい遊び人」という、子供向け番組のヒーローの類型からおよそかけ離れた設定と、若松の熱演により魅力的なキャラクターとして人気を博した

-ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋-





【PR】今、最も旬な無料出会い掲示板


【PR】気軽に話せる!気軽に見つかる!エンジョイ友達作り!
この動画(記事)の感想やツッコミ
コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
投稿フォーム
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/440-5b44ec20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。