YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はですねー
歴代の戦隊系のオープニング集、今回は「電子戦隊デンジマン」です。
1980.2.2~1981.1.31


電子戦隊デンジマンOP
電子戦隊デンジマン<br />
 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)

 ≫面白動画を探す(FC2Blog)

 ≫お笑い動画を探す(くつろぐ)

 ≫面白画像・動画を探す(ブログ村)


スーパー戦隊シリーズ(スーパーせんたいシリーズ)は、1975年にスタートしたテレビドラマシリーズである。仮面ライダーシリーズやウルトラシリーズと並ぶ、特撮ヒーロー番組のシリーズのひとつであり、30年以上続く長期シリーズである。
[ YouTubeの動画・情報 ]


電子戦隊デンジマンOP

>>人気Blogを見る>>FC2Blogで探す>>くつろぐへ飛ぶ>>ブログ村に行く


【PR】ケータイ激裏活用術―ケータイに映画も音楽も入れとこう!


【 関 連 情 報 】

[電子戦隊デンジマンとは]

『電子戦隊デンジマン』(でんしせんたいデンジマン)は、1980年(昭和55年)2月3日から1981年(昭和56年)1月31日までテレビ朝日系列で毎週土曜日18:00 - 18:30に全51話が放送された、東映製作の特撮テレビドラマシリーズ「スーパー戦隊シリーズ」第4作である。前作『バトルフィーバーJ』に続きマーベル・コミック・グループ提携で制作されたが、マーベル色はヘドリアン女王の衣裳デザインにその名残を残す程度に抑えられた。

本作品でいわゆる『スーパー戦隊シリーズ』のイメージがある程度定着したといえる。当作の巨大ロボ・ダイデンジンは戦闘機の姿から変形するロボで合体はしなかったが、翌年の『太陽戦隊サンバルカン』では合体ロボットが登場。戦隊シリーズの基本となるフォーマットはここに完成したといってもよい。(本格的に揃うのはサンバルカンに続く『大戦隊ゴーグルファイブ』まで待たなければならない。)

ストーリー的にはSF色が強く打ち出されており、初期編では一般人が残酷に殺されたりなど怪奇色も強かった。中盤以降でも一般人が利用された挙句何の意味もなく死ぬ、怪物になって死んでしまうといった内容もある。そして終盤では、脚本家の上原正三が後の作品(サンバルカン、シャリバン等)でも使用した“敵組織の内部抗争”が描かれ、敵組織の崩壊とその後の壊滅がよりリアルに描写された。また、コメディタッチの描写(青梅の「あんパン中毒」など)も随所に散りばめられている。一話交替のベーダー怪物にも善性と誇りを同時に持った者など後発の作品でもなかなか見られない深みのあるキャラクターが多く、他にも様々な要因が見事に絡み合い軽快な展開でありながら重厚なストーリー性を内包する作品となっている。

なお、巨大ロボ・ダイデンジンが戦闘機の姿からダイデンジンへ変形する手法は「タイムボカンシリーズ」の「ヤットデタマン」に登場する大巨神の手法に少なからず影響を与えたと思われる。

-ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋-





【PR】今、最も旬な無料出会い掲示板


【PR】気軽に話せる!気軽に見つかる!エンジョイ友達作り!
この動画(記事)の感想やツッコミ
コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
投稿フォーム
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/404-eb3126c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。