YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はですねー
劇場版マクロスプラスをコンプリートしました。


劇場版『マクロスプラス MOVIE EDITION』
劇場版『マクロスプラス MOVIE EDITION』
 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)

 ≫面白動画を探す(FC2Blog)

 ≫お笑い動画を探す(くつろぐ)

 ≫面白画像・動画を探す(ブログ村)


『マクロスプラス』(MACROSS PLUS)は1994年から1995年にかけて発売された日本のOVA。
全4巻。
SFアニメ『超時空要塞マクロス』に続くマクロスシリーズの一作品。
1995年には劇場版『マクロスプラス MOVIE EDITION』も公開された。
[ YouTubeの動画・情報 ]


劇場版マクロスプラス

 ≫劇場版マクロスプラス(1)

 ≫劇場版マクロスプラス(2)

 ≫劇場版マクロスプラス(3)

 ≫劇場版マクロスプラス(4)

 ≫劇場版マクロスプラス(5)

 ≫劇場版マクロスプラス(6)

 ≫劇場版マクロスプラス(7)

 ≫劇場版マクロスプラス(8)



【 関 連 情 報 】

マクロスプラス、シャロン・アップルのファンサイト-VENUS SOUND FACTORY

  

[マクロスプラスとは]

本作品は『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』の監督を務めた河森正治を中心に、マクロスの後継作としてテレビアニメ『マクロス7』と並行して企画・制作された。『マクロス7』ほど前作と密接に繋がっておらず、続編というよりはサイドストーリーに近い内容であるが、近未来の航空開発史をテーマに、恋愛やメカアクションなどマクロスならではの魅力がちりばめられている。本作で試みられたCGとセルアニメを積極的に融合させる演出は、当時の水準では極めて効果的であり、それまでのアニメにはない精密なビジュアルがファンの度肝を抜いた。板野一郎の手がける「板野サーカス」も、この作品のためにアメリカで模擬空中戦を体験したことから、戦闘機パイロットの皮膚感覚を伝えるよりリアルな描写へと進化している。

また、サブテーマとして仮想現実と人の心の関係が問われており、ヴァーチャルシンガー、シャロン・アップルの幻想的な歌唱シーンが印象に残る。これらのサントラを制作した菅野よう子は、本作がアニメ音楽デビュー作であったが、迫力と緊迫感を盛り上げる素晴らしい仕事を認められ、後の活躍への足掛かりとなった。また、本作は渡辺信一郎の監督デビュー作でもあり、河森、菅野、脚本家信本敬子らとのつながりは『カウボーイビバップ』に活かされることになる。

セリフを全て英語に吹き替えたインターナショナルバージョン(日本語字幕つき)が制作された点も、当時としては画期的であった。1990年代に入り北米で日本製アニメが注目され始めていたが、日本側が正規の海外版を企画するのはまだ珍しいケースであった。戦争よりも「航空機もの」という作風も手伝い、本作は海外のアニメファンにも浸透する人気作品となった。

基本構成はOVA版を踏襲し、シーンを再編集して若干のストーリー変更が行われている。本来はこの劇場版が原型であり、OVAは各巻ごとにエピソードを振り分けた形になっている。約20分の新作カットが加えられたが、とりわけ終盤の展開がボリュームアップされ、劇場版ならではの見所となっている。劇場公開は1995年10月7日、配給は松竹、上映時間115分。『マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!』との併映で、「マクロスフェスティバル'95」と銘打たれ公開された。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋-

 ≫Googleで「マクロスプラス」を検索
 ≫Yahoo!!Japanで「マクロスプラス」を検索
 ≫MSN Japanで「マクロスプラス」を検索
 ≫Amazonで「マクロスプラス」を検索

この動画(記事)の感想やツッコミ
コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
投稿フォーム
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/403-b72db2f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。