YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はですねー
増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和2です。


第08話 明男/さよならおじいちゃん
増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和2
 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)

 ≫面白動画を探す(FC2Blog)

 ≫お笑い動画を探す(くつろぐ)

 ≫面白画像・動画を探す(ブログ村)


非常にシュールなギャグやブラックユーモアを盛り込み、全体的にダウナーな印象を与える不条理ギャグ漫画である。正式名称には増田こうすけ劇場というサブタイトルがついている。
[ YouTubeの動画・情報 ]


第08話 明男/さよならおじいちゃん

>>人気Blogを見る>>FC2Blogで探す>>くつろぐへ飛ぶ>>ブログ村に行く


【 関 連 情 報 】

増田こうすけ劇場ギャグマンガ日和

[ギャグマンガ日和とは]

『ギャグマンガ日和』(ぎゃぐまんがびより)は、漫画雑誌「月刊少年ジャンプ」(集英社)に2000年1月号から連載されているギャグ漫画である。著者は増田こうすけ。

非常にシュールなギャグやブラックユーモアを盛り込み、全体的にダウナーな印象を与える不条理ギャグ漫画である。正式名称には増田こうすけ劇場というサブタイトルがついている。

また歴史的有名人をキャラクターとして起用したり、名作のパロディや語彙の豊富なセリフを用いる一方、安直なネーミングセンスを用いたり、登場人物の多くが友達がいなかったり、卑屈な性格であったり、間違った青春を過ごしていたりと、他の漫画では絶対に主人公になれないようなキャラクターであるなどの特色を持つ。

最初期は雑誌の最後の方に載るため人気がないのではないか、終わるのではないかと作者は疑っていたようであるが(単行本で語っている)真相は不明。その後人気は急上昇し、コアなファンも獲得。「月刊少年ジャンプ」の看板作品となり付録まで付くようになった。そして2002年にジャンプフェスタで製作されたアニメが大きな反響を受け、2005年には本格的にテレビアニメ化もされ、2006年からは第2弾も制作された。

JUMPSHOPでも、2006年頃からグッズ化がさらに盛んである。なおアニメ第1弾DVDの初回封入特典として、上巻には「ぐったりマーフィー君人形」(以前応募者プレゼントでも賞品になった)、下巻には「うさみちゃんアイピロー」が付いた。さらに第2弾DVD上巻には「クマ吉君ミ~ニミニ座布団」、下巻に「ラヴ江愛の暴走マスコット」が付いた。

サントラCD『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 サウンドコレクション』が2006年12月8日に発売され、放送で聞けなかった曲が収録されている。さらに増田こうすけ書き下ろしのオープニング・フルバージョンも追加された。

アニメ版が好評であるためか、月刊誌だけでなく並行して「週刊少年ジャンプ」や「Vジャンプ」、「赤マルジャンプ」などに読み切りや短期集中連載として掲載される事がある。

ある漫画家の連載漫画の打ち切りが決定し、わずか3ページでそれまでの伏線を一気に消化して無理やり終わらせるというネタの「ソードマスターヤマト」の話はかなり人気が高く、打ち切りになりそうな漫画に対してパロディネタにされることがよくある。

また、歴史上の人物や出来事を題材にしていることから「歴史の勉強になる」という読者も多い。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋-

 ≫Googleで「ギャグマンガ日和」を検索
 ≫Yahoo!!Japanで「ギャグマンガ日和」を検索
 ≫MSN Japanで「ギャグマンガ日和」を検索
 ≫Amazonで「ギャグマンガ日和」を検索

この動画(記事)の感想やツッコミ
コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
投稿フォーム
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/399-91ed0792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。