YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はですねー
今では考えられないほどショボイドラゴンボールのゲームです。


ドラゴンボール 神龍の謎(Famicom)
ドラゴンボール 神龍の謎
 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)

 ≫面白動画を探す(FC2Blog)

 ≫お笑い動画を探す(くつろぐ)

 ≫面白画像・動画を探す(ブログ村)


『ドラゴンボール 神龍の謎』(- シェンロンのなぞ)は、バンダイから発売されたゲームソフト。
[ YouTubeの動画・情報 ]


ドラゴンボール 神龍の謎(Famicom)

>>人気Blogを見る>>FC2Blogで探す>>くつろぐへ飛ぶ>>ブログ村に行く

ザコキャラのモデルが誰なのかわかりません。



【 関 連 情 報 】

[ドラゴンボールとは]

原作は、週刊少年ジャンプ(集英社)にて1984年51号から1995年25号までの間、全519話が連載された。各話数はそれぞれ「其之○○」という通し番号になっており、数字は漢数字で表される。

当初はギャグ要素を交えた冒険物語だったが、次第に格闘物へと変化し、最終的には強大な悪の権化と戦うバトル物になった。ジャンプコミックスより単行本全42巻が発売され、日本でのコミックス単行本総発行部数は1億2600万部超。大きなサイズでカラーページも再現した完全版も発売されている。また、2005年11月の時点で、単行本・完全版を含めた日本国内発行部数は1億9000万部、全世界では3億部を越える。日本の漫画文化を代表する作品の1つ。

連載終了から10年以上経過しているが人気は止まるところを知らず、完全版・DVD・ゲームが発売された2003年頃からリバイバルブームが起きている。そのため、本作品が連載・放映されていた時期には生まれていない世代でも知名度が高く、グッズなどを持っているケースも多い。


[連載開始までの経緯]

ドラゴンボールは連載が始まるまでに様々な紆余曲折があった。当時連載中であったDr.スランプのネタが尽きかけていた鳥山は、連載を終わらせたがっていた(当時、読者アンケートが良好であったため終了しにくかった)。「すぐに次の連載を始めること」という編集部の条件の下、Dr.スランプの連載を終えた鳥山は、以前に描いた二つの読み切り作品「騎竜少年(ドラゴンボーイ)」(フレッシュジャンプ83年8月号・10月号)と「トンプー大冒険」(週刊少年ジャンプ83年52号)が好評だったことを受け、次の連載はこの二つの作品の世界観を更に膨らませたものにしようと考えた。そうして生まれたのが、ドラゴンボールである。実際、「騎竜少年(ドラゴンボーイ)」と「トンプー大冒険」には初期のドラゴンボールの雰囲気が色濃く感じられ、ドラゴンボールの原型とも言える作品である(二つとも鳥山明○作劇場 VOL.2に収録)。


[連載終了までの経緯]

連載開始前からアニメ化が内定、5週連続カラーという大々的な扱いで始まったドラゴンボールだが、先の展開を決めず、行き当たりばったり感覚のギャグ路線は、人気が芳しいものではなかった。担当編集者の鳥嶋に「主人公が地味だ。だから人気がないんだ」と指摘された鳥山は、以後「強さを追い求める主人公」というテーマを作品に持たせることになる。その発想から天下一武道会が始まり、主人公孫悟空のキャラクターも確立され、人気も急激に上昇する。

鳥山自身は、当初マジュニアとの決着をつけたところで、物語の終了を考えていた(連載終了後のインタビューでは、「ピッコロ大魔王編が描いていて一番楽しかった」とも言っている)。事実第23回武道会編は、悟空の成長、成長したチチの参戦と結婚、天津飯との決着等それまでの総決算的内容が多かった。しかし当時すでにアンケートでは不動の1位であったドラゴンボールの終了を編集部がそう簡単に認めるわけもなく、鳥山の意向を無視する形で連載は続けられてゆくことになる。

そして、フリーザ編に突入する頃には、既にドラゴンボールの人気および経済効果は一大産業までに国際的にも拡大しており、本作の動向が集英社やアニメを制作していた東映動画、放映キー局のフジテレビはもとより、ライセンス商品を製造・販売している企業の経営にまで影響を及ぼしかねない規模のものとなってしまっていた。このため、本作はもはや作者の一存はもとより、編集部の意向でも本作の連載を終了させることが極めて困難な状況に陥ってしまった。すなわち、不人気作品はいとも簡単に打ち切り、人気作品については作者の終了の意向を無視することが常態化するなど、編集手腕の強力さをもって知られるジャンプ編集部をしても、作品の動向をコントロールする事ができない巨大作品になってしまったのである。

最終的にこの作品の終了に関しては、関連する各企業の業績はもとより株価にさえ悪影響を与える可能性が多分に考えられたため、関係各社のトップ級による会議での調整が必要になるなど、日本の漫画史上かつてない作業を必要とする事にもなった(アニメ版の『ドラえもん』が終了しない理由の1つとしても、この関連企業やテレビ局への影響の大きさが挙げられている)。

こうした背景もあって、結局ドラゴンボールは約10年間に渡る長期連載となった。最終回は唐突な感じでやってきたが、最終ページで鳥山本人が完結の経緯を説明するなど、最後まで波乱含みの展開であった。

-ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋-




問題無いアルヨー大丈夫アルヨー
おはようございます。
早速ですがこの動画に一言コメントだ!!の時間になりましたよ!

用意はいいですね?

バリッとせっくす
んご。

我が輩の名は…
問題ナッシング!

実はですねー
いきますよ!このゲームについて一言お願いします。

バリッとせっくす
俗に言うクソゲーってやつなのかな?んごんご。

我が輩の名は…
全クリする勇気が湧かない。地球上の凡愚共、我が輩に力を分け給え!

実はですねー
秀真伝でした。(そこで何故殿様口調なんですか…。)



【PR】今、最も旬な無料出会い掲示板


気軽に話せる!気軽に見つかる!エンジョイ友達作り!
この動画(記事)の感想やツッコミ
コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
投稿フォーム
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/214-cd2b2160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。