YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
可愛い動物たちの奇妙な行動ムービー集
[ コメント ]
動物たちの面白い行動を集めた動画です。
シュールでとても面白い動画だと思います。

 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)
 ≫面白フラッシュを探す(おもフラ)
 ≫面白画像・動画を探す(blog村)
 ≫面白動画を探す(FC2Blog)
[ Wiki ]
動物(どうぶつ)は、動物界に分類される生物の総称である。一般に運動能力と感覚を持つ、多細胞生物である。
[ YouTubeの動画・情報 ]


可愛い動物たちの奇妙な行動ムービー集

| 人気Blog | おもフラ | blog村 | FC2Blog | kutsulog | waraiseek |


【 関 連 情 報 】

生物を動物と植物に二分する分類法は古くから存在しており、アリストテレスは感覚と運動能力の有無によりこれら2つの分類を試みている。ただし、中間的生物も存在することを認めていたようである。18世紀の生物学者リンネ(Carous Linnaeus, 1702年 - 1778年)は、感覚をもたない植物界と、感覚と移動能力をもち従属栄養的である動物界とに、生物を2分した。

明治時代以前の日本では、土、草、虫、魚、獣として無生物を含めた諸物を平等に収集・編集する本草学が主流であり、動物という概念は存在しなかった。生物を動物と植物に2分する分類は、西欧の学問が流入してから普及した。

なお、2界説の下では、動物には下記の各群以外に、原生動物を単細胞の動物と位置づけていた。

その後の生物学の進歩により、現在では、動物か植物かのみで生物を分類するのは一般的ではなく、さまざまな分類法が提案されている(参考:生物の分類)。それらに従えば、モネラ、原生生物、菌類など、動物にも植物にも分類されない生物も数多く存在し、動物界はそのようないくつもの系統の内の一つと見なされる。さらに20世紀末の分子遺伝学などの流れの中で、このような枠組みは何度も見直され、植物界や菌界は大きくその構成が変わった。動物界に関しても、原生動物はそのような多系統の入り交じったものであることが判明している。しかし、後生動物に関しては、ほとんど変更を受けなかった。大きな変更としてはそれまで原生動物の一つと見なされていたミクソゾアがここに含められるようになった程度である。

なお、動物の起源については、旧来から多細胞動物の起源ではないかといわれたこともある襟鞭毛虫類がそれらしいと言うことになっている。他方で繊毛虫やアメーバはかなり系統が遠いらしいこと、そして意外なことに、菌界が動物界に近いことなどが示されている。動物・菌類・襟鞭毛虫を含む系統はオピストコンタと呼ばれる。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋-

この動画(記事)の感想やツッコミ
コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
投稿フォーム
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/1065-7bc0df21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
■かわいい動物たちの奇妙な行動□面白動画ブログマンかわいい動物たちが奇妙な行動をする動画の特集。子供とあそんでいるものが多いです。和みますよ~
2007/05/08(火) 13:59:42 | はっぴぺ通信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。