YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アタックアニマル学園[ コメント ]
懐かしのファミコン アタック学園の動画です。
とびだせ大作戦と同じ系統のゲームみたいですね。

 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)
 ≫面白フラッシュを探す(おもフラ)
 ≫面白画像・動画を探す(blog村)
 ≫面白動画を探す(FC2Blog)
[ Wiki ]
とびだせ大作戦( - だいさくせん)はスクウェア(現スクウェア・エニックス)が1987年にファミリーコンピュータ ディスクシステムで発売したコンピュータゲーム。ジャンルは3Dランシューティング。「技術力はあるが売れないものを作るメーカー」だった頃のスクウェアを象徴するようなソフト。
[ YouTubeの動画・情報 ]


アタックアニマル学園1

| 人気Blog | おもフラ | blog村 | FC2Blog | kutsulog | airw.net |

アタックアニマル学園2

| 人気Blog | おもフラ | blog村 | FC2Blog | kutsulog | airw.net |


【 関 連 情 報 】

[とびだせ大作戦とは]

ゲーム内容はプレイヤーキャラクターが敵を避け、穴を飛び越えながら画面奥に向かって疾走するというもの。一言で言えば「スペースハリアーの亜流」であるが、そのままのコピーは憚られたのか、地面を走るという設定に変更されている。もっとも、ファミコンの性能限界から地面を走っているようにしか見えないとという理由も考えられる(ただしボス戦では飛行して、スペースハリアーそのまま)。

本作の“売り”はナーシャ・ジベリの超絶技巧であろう。

ファミリーコンピュータの類似ゲームにはタカラによるスペースハリアー(セガから正式にライセンスを受けた正規の移植版)と、ポニーキャニオンのアタックアニマル学園があるが、これらのゲームでは地面の市松模様を背景パターンの単純なパレットアニメーションで表現しており、横方向の変位というものもない。そのため奥スクロールがややぎこちなく、地平線を走るような独特の疾走感もあまり表現しきれていない。

これらに対し「とびだせ大作戦」では、ラスタースクロールやラスター割り込みと呼ばれる技術を駆使している。これにより、なめらかな奥方向のスクロールとともに、横方向の移動に同期して市松模様が歪む効果も自然に再現できている(ただし、擬似的な平面計算ではないので、高さの軸はない)。動作そのものも高速で、その上を多数のオブジェクトが処理落ちなしに拡大縮小するという高度なプログラムになっている。さらに、「とびだせメガネ」による視差を利用した3D表示(深度で角度を付けて物を二重表示する)に対応し、裏面ではさらなる高速化がされるなど、同じハードウェアを利用したとは思えない技術差をかいま見ることができる。

ナーシャのプログラミング技術力の高さはファイナルファンタジーIIIなどで有名であるが、こちらは同じスペースハリアー系アクションゲームであるだけに出来・不出来が直接比較可能な良いサンプルといえよう。

なお、タカラ版「スペースハリアー」、「アタックアニマル学園」の両タイトルも決して出来が悪い訳ではなく、むしろ当時のスペックを考慮すれば及第点を与えられる内容との評価が多いものであることを補足しておく。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋-

この動画(記事)の感想やツッコミ
コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
投稿フォーム
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/1044-750724b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。