YouTubeの面白い動画を日々紹介する動画まとめブログ。

ブログマンは帰ってきました。

ブログマンTAKE2新着ニュース一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペプシ 放送禁止になったCM[ コメント ]
ペプシの過激なCM動画です。
某社に対抗心剥き出しのCMですね。

 ≫お笑い&ジョーク動画を探す(人気Blog)
 ≫面白フラッシュを探す(おもフラ)
 ≫面白画像・動画を探す(blog村)
 ≫面白動画を探す(FC2Blog)
[ Wiki ]
ペプシコーラ(Pepsi-Cola)とは、アメリカに本社があるソフトドリンクを世界各国で展開しているブランドである。
[ YouTubeの動画・情報 ]


ペプシ 放送禁止になったCM

| 人気Blog | おもフラ | blog村 | FC2Blog | kutsulog | waraiseek |

(おまけ)ペプシ ちょっと大人向けなCM

| 人気Blog | おもフラ | blog村 | FC2Blog | kutsulog | waraiseek |


【 関 連 情 報 】

[ペプシコーラについて]

最初のペプシコーラは、1898年、アメリカ合衆国ノースカロライナ州の薬剤師ケイレブ・ブラッドハムが消化不良の治療薬として処方したものである。ただし、ペプシコーラは何度か原液の配合を変えている。名称の由来は、消化酵素のペプシンである。

20世紀前半は売れずに身売りをすることもたびたびあった。コカ・コーラ社への身売りさえ計画されたが、同社は当時のペプシの状態があまりにひどく、1ドルの価値もないと判断してその話を断ったという逸話が残っている。経営状態がよくなったのは第一次世界大戦後である。

1959年には、かつて顧問弁護士であったリチャード・ニクソン副大統領の紹介でソビエト連邦のニキータ・フルシチョフ書記長にペプシコーラを試飲させることに成功。1970年代にニクソンが大統領に就任、ペプシコーラはソビエト連邦政府と20年間の独占契約をした。これによりソ連と契約した最初のアメリカ製品となる。この後、ソビエト連邦ではペプシコーラは一般的に入手することが可能となり、他の共産圏諸国(東ドイツ、ルーマニアなど)でも販売された。

フリトレー、ピザハット、ケンタッキーフライドチキン、タコベルなどを傘下におさめ、清涼飲料水以外の分野にも進出しているが、現在はレストラン事業はペプシコ・インクよりスピンオフし、トライコングローバルレストラン(現ヤム・ブランズ)となっている。

なお、ペプシコ社の社長であったロジャー・エンリコが当時どのようにコカコーラ社と競争していったかを執筆している。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋-

この動画(記事)の感想やツッコミ
コメントは承認待ち (名前の未記入→ 名無し@恋人募集中)
投稿フォーム
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tubeman.blog92.fc2.com/tb.php/1006-8e89a5b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。